2014.01.14

レスポンシブWebデザイン - No.14 -      コンテンツをより強く意識した制作 その1

コンテンツをより強く意識したコンテンツ制作

コンテンツ・ファーストやモバイル・ファーストでウェブサイト制作を考えると、そのコンテンツが消費される文脈(いつ、どこで、だれが、なにを、なぜ)にフォーカスが行くのは自然な流れだと思います。モバイル端末では、いつでもどこでもウェブサイトにアクセスして情報を消費したり使ったりできます。そういった環境ではコンテンツにフォーカスすると同時に、いつ、どこで、だれが、なにを、なぜ、どのような状況の下で、といったユーザの置かれるコンテキスト(前後関係、背景、文脈など)をより強く意識しないと、より良いユーザ体験を提供できません。

引用元 : 渡辺 竜 著 レスポンシブWebデザイン