2014.01.31

レフ板を使ってみよう 03

レフ板イラスト
「レフ板を使ってみよう」の前2回までは、光を当てる写真撮影の方法を紹介していましたが、黒レフについて忘れていたので、今回は黒レフの使い方を紹介します。

黒レフの使い方

銀レフ・白レフは光を反射しますが、逆に黒レフは光を吸収します。

被写体の余分な光の反射を抑えたいときや、黒い写り込みや影を入れて立体感を強調したい場合などに使います。

フィギアをネットで販売してる方の商品撮影や、趣味で撮影したい方など黒レフを使って片側を明るく、反対側を少し暗くすることで立体感のある写真が撮れます。是非試してみたくださいねぇ!!

 

smartphoneビニールで覆われている商品や液晶画面など、レフを使用しないで撮影すると映り込みが発生します。また白レフなどを使うとビニールなどの部分が白くなってしまいます。そんな時は黒レフを使用すると、映り込みが防げます。

今回と合わせて計3回レフ板について、すごく簡単ですが紹介してきました。ホームページで使用する商品の写真撮影に是非生かしてみてくださいねぇ~きっと今までの写真より少し良く見える写真になるはずです。